□■We Love Nishina■□

静岡市立西奈中PTAホームページの管理人日記。こどもは卒業(H16年卒)していますが、「西奈中が大好きです」を合い言葉に活動するPTA-OB会”ちゃP会”に所属。地域から西奈中を応援しています。
2017/07≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  ≫ 2017/09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■二宮金次郎の像

静岡市立伝馬小学校の二宮金次郎の像。


二宮金次郎って知ってますか?
戦前からある日本の小学校の校門のあたりには二宮金次郎の石像が立っています。


昨日はお昼休みのウォーキングで、
伝馬町界隈を散策。


二宮金次郎の像が気になって伝馬町小を覗いてみました。


やはり伝統のある小学校だけに、門を入って、すぐ左手に金次郎が薪(まき)を背負って歩きながら、読書している石像が鎮座していました。


研究家(ただのおたくとも言える)の間では「ニノキン」と呼ぶらしいが、「ニノキン」には、2種類あるという。


1.「モンペ左足の石像」
小学校に残る最古の「ニノキン」は、愛知県の「前芝小学校」。これはその後「モンペ左足の石像」に変化して、全国に広がる。


2.「着物右足」
もう一方の「着物右足」は、富山の「平和合金」で銅像として作られ始め、後に戦時供出として回収されてしまうが、石像として復刻する。



とあるが、ここのニノキンはモンペをはいているが、右足が出ている。


いろいろあるんですね。





他の小学校はどうだろう?

西奈南小は残念ながら、戦後の学校なのでニノキンは無い。


西奈小には当然あった。


最後に、二宮金次郎の像を詳しく説明しているホームページを紹介しておきます。

ここです
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。