FC2ブログ

□■We Love Nishina■□

静岡市立西奈中PTAホームページの管理人日記。こどもは卒業(H16年卒)していますが、「西奈中が大好きです」を合い言葉に活動するPTA-OB会”ちゃP会”に所属。地域から西奈中を応援しています。
2019/10≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  ≫ 2019/12

■今年の中体連野球の展望

中体連野球は例年6月末に始まる。今年はどこが優勝?



5月12、13日、中体連前最後の公式戦である静岡地区春季野球大会がに開催され、籠上が優勝を飾った。


いよいよ残すは中体連だけとなった。静岡地区の代表校は3~5校(例年異なる)だ。


ここでこれまでの公式戦を振り返ってみよう。


■昨年9月 ライオンズ杯
1:常葉橘 2:竜爪 3:中島

■昨年10月 新人戦
1:籠上 2:常葉橘、3:長田西、安倍川

■昨年11月 会長杯
1:常葉橘 2:安倍川 3:豊田、美和


ここまでは常葉橘が例年通り、強さを発揮、つづいて籠上、安倍川。
中部新人戦の準優勝で波に乗った長田西が有力と見えた。


■今年2月 全軟地区予選
1:籠上 2:服織 3:常葉橘、長田西

■今年5月 春季大会
1:籠上 2:安倍川 3:豊田、服織


今年に入り様相が一変。常葉橘が負傷者を抱え、調子をおとす。
一方で、籠上が、県選抜準優勝で波に乗り、全軟、春季大会を立て続けに連覇し、優勝候補筆頭におどりでた。


また、同じ北部地区の服織も伝統の力で毎回上位に食い込んできた。


そして、例年本命の常葉橘、好投手を擁し県新人戦の準Vの長田西、絶対的なエースが抜けたがコンスタントに上位に食い込む安倍川。この5校が一歩リードしているように見える。


しかしその他にも、竜爪、豊田も力がある。籠上以外は団子状態というのが大方の見方だろう。


西奈はエースが不在で、残念ながら今年も苦しいか?
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
→ http://pta247jh.blog63.fc2.com/tb.php/203-5cd9f106
FC2ブログユーザー用
この記事にトラックバックする。