FC2ブログ

□■We Love Nishina■□

静岡市立西奈中PTAホームページの管理人日記。こどもは卒業(H16年卒)していますが、「西奈中が大好きです」を合い言葉に活動するPTA-OB会”ちゃP会”に所属。地域から西奈中を応援しています。
2019/10≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  ≫ 2019/12

■部活動の思い出??横浜スタジアム■

西奈中の部活動に注目し始めて、今年で7年目。
中体連特集は平成15年度から始めていますので、これは6年目・・・

ちなみに子供が卒業して4年目?

きっかけは何といっても、野球部の全国大会出場。




2002年8月21日のホームページの記事は、

「第19回全日本少年軟式野球大会が8月19日?22日に横浜スタジアムで開催された。
 この大会は、中体連野球とは異なりクラブチームの大会で、我が西奈中野球部は数少ない学校単独チームで東海地区代表として出場した。
 並み居る強豪クラブチームの中みごとベスト8に輝いた!

 8月20日の1回戦は前日の大雨で一日順延となったが、関東地区代表の前橋一中クラブ(群馬)と対戦し、みごと2?0と完封勝ちした。

 翌日の2回戦では、東北地区代表のクラブチームいわき松風クラブ(福島)と対戦。ともに無得点のまま延長特別ルールに突入し、8回の表、西奈中が2点を先行するもその裏に3点を返され逆転さよなら負けを喫した。
 この大会には、ブラスバンド部をはじめ地域の皆さんからなる大応援団が横浜スタジアムへ応援に駆けつけた。」

続いて、

 「西奈中クラブが4強の壁に泣いた。初戦で完封した西澤史郎投手(3年)がいわき松風クラブを7回まで無得点に抑えたが、延長特別ルール(無死満塁からスタート)の8回、味方が2点を挙げたその裏に3点を奪われサヨナラ負け。

 それでも全国大会ベスト8に選手達は悔し涙を流しながら胸を張って横浜スタジアムを後にした。
  直球とスライダーを武器に7安打を許しながらも、西澤が決定打を許さない。バックも鉄壁の守備でエースをもり立てた。6回の1死満塁、7回の2死2塁からは佐藤祐の遊撃内野安打を遊-一-捕と転送して本塁をついた佐藤貴をアウトにするなど西奈らしい”守りの野球”を存分に発揮した。そんなバックの援護も最後に力尽きた西澤は「球自体は良かった。バックを信じていたし納得いく投球ができた」と涙ながら試合を振り返った。
 ただ、誤算は打線。いわきの大橋にわずか2安打に抑えられ、8回の攻撃も内野ゴロと敵失からの2点のみ。あと1本出ていたらと悔いも残った。

 「西澤はよく投げてくれた。継投も考えたが、(本人が)投げるというのでそのまま行かせた」と長澤監督は続投を訴えた西澤の気迫にすべてをたくした。 

 延長特別ルールはサッカーでいえばPK戦。決して負けたわけではない。全国で1勝を挙げ、この日は無失策。夏休みに得た大きな自信は西奈に新たな歴史の1ページを刻んだ。(「スポニチ」より)

 午後8時、西奈中には100名にも及ぶ生徒、父母が駆けつけ、胸を張って帰静した選手達を大きな拍手で迎えた。」

とこんな感じ・・・。

 この年、息子が西奈中に入学し、私は深い考えもなく、初めてPTA役員を受けた。それが部活動委員長だった。
 忘れもしない、6月の始め、当時のPTA会長M氏とと前々会長I氏から、「野球部が東海大会で勝って全国大会出場が決まったから、募金活動を始めてほしい」と言われ・・・えっ!

 まず始めたのは募金用のチラシづくり。次に、募金目標と募金方法を考え、学校とPTA、後援会、野球部と相談。
とにかく300万円集めようといいうことになった。

 募金ツールは5つ。
 1 町内会に回覧を回して募金してくれる方を募り、その方の家を訪問して募金をもらう。
 2 町内のお店に直接訪問して募金をもらう。
 3 現役の生徒の家から募金をもらう。(一人1000円だったような気がする)
 4 野球部OB会から募金をもらう。
 5 野球部がスパーなどに立ち、直接募金を受け付ける。

PTAが担当したのは、1と2。
私も3人で東瀬名町にあるお店と、個人宅を訪問。
「すみません募金をお願いします」
「何の?」
「実は野球部が・・・・」
「知らなかった。でもわかった。1000円でいいの?」
「はい結構です」
という感じで何件回ったのか、今になっては覚えていませんが、結構大変でした。

ある会社では、ポンと1万円寄付してくれたところもあり。うれしかったですね。

なんとか目標の300万円に迫る290万円が集まり、ほっとしたのもつかの間。
今度は応援団の募集とバスチャーター。

生徒は2000円、保護者は3000円。(バス代と昼食代を含む)
ただし吹奏楽部は応援のため無料。野球部1年は一般生徒と同じとしたら、ここで野球部からなぜとクレーム?

結局、それで押し通したが・・・
のちのちいろいろ問題もおきました。

最終的には、3日間で約370名(バス10台)で、横浜スタジアムに駆けつけることができた。

今思えばよくやったなという感じ。

子どもが野球部でもないのに、2日間、横浜スタジアムに行ったし、2日目は雨で中止になったけど、中止の作業の為に、会社をサボって、学校に詰めてバスやお弁当のの手配のしなおしをしたりと・・・。

終わってからは、町内会の皆さんへの礼状や報告書(新聞)を作ったりと。

しかし、これがきっかけで、ホームページを始めることになったし、次の年はPTA会長を引き受けるはめにもなった。

よかったと思うのは「西奈中が大好きだ」と公言することができるようになったことですかね。本当に。

PS:そんな子たちが、昨年成人式を迎え、西奈中の成人祝う会に私とM会長を招いてくれまいした。本当にうれしかったです。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
→ http://pta247jh.blog63.fc2.com/tb.php/7-be155900
FC2ブログユーザー用
この記事にトラックバックする。